2009/12/04 (Fri) チビクロで修復 その1

チビクロで修復、第1回目ですー。

1、まずエタノール(ドラッグストアで売ってました)で、欠けた部分を綺麗に拭いて。

2、漆は気温20~25度、湿度70~85%で乾かすのが理想的とのこと。
  乾燥してると皺が入っちゃったり、縮んだりするそうです。

3、厚塗りは禁物。薄く・薄く。何回も塗り重ねて。

うーん、一回塗ったら済むと思っていた私。楽観的でした(汗)

かぶれないよう、手袋着用し、付属の竹串に漆を取って
慎重に欠けた部分に薄く塗りました。

4、湿度を保つため、濡れたふきんと一緒にビニール袋に入れて、
ゴムできっちり口を縛り、2~3日乾燥(!!!)
途中、湿度保つため、ふきんも交換。

この1~4を繰り返すわけですね。

ハイ。まずは一回目の塗りを終えて、3日乾燥させたのがこちらです。

tibi4

最初に塗った時は、濃い泥水のような感触だったのですが、
乾くと不思議!ちゃんと艶が~。
ちょっと漆らしく見えてきましたー。

**********

そうかあ。こんなたくさんの工程を経て、完成するわけですね。漆器って。
上手に乾燥できないと、埃がついたり、皺ができたりすると、商品にならないわけで・・。
わー、もったいない!
木地を作っている職人さんの苦労も無駄になってしまうわけで・・。
これは責任重大ですね。
だから、少々お値段が張ってしまうのも仕方がないと納得なのです。
職人さんの腕の素晴らしさを、自分のお粗末さで再確認することができて良かったです 笑

さあ、明日さっそく第二回目塗らなくちゃです。

チビクロ | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/28 (Sat) チビクロ

大事に使っているつもりでも、欠けたり割れたりするもんです。

器とかは芸術品とかではなく、あくまでも、使ってなんぼ。
「お道具」と思ってます。
使ってこそ、良さがわかったり愛着が出てくるし。
だから、欠けちゃったりするのは仕方がない。
でも、やっぱり残念。

tibi1

そんなとき、面白いもの見つけちゃいました。

チビクロ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

kashi0530

Author:kashi0530
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード